スタッフブログStaff Blog

肉離れ



肉離れとは?

肉離れは、筋肉が断裂する怪我のことをいいます。太ももやふくらはぎなどの筋肉が切れたり、裂けたりすることによって、炎症や内出血を起こし、患部が腫れて激しい痛みを感じます。部分的に断裂することが多いのですが、まれに筋肉が完全に断裂してしまうこともあります。
肉離れは俗称で、正式には「筋挫傷(きんざしょう)といいます。スポーツを行なうなかで、急に無理な動作をした場合に発生する筋膜や筋繊維の損傷、断裂を表します。

発症する患部に激痛がが走り、それ以上運動が続けれなくなります。時には筋肉が断裂した瞬間「プチッ」という音がきこえることもあります。

肉離れは、筋肉の強い収縮とともに、逆に強く引き伸ばされるような方向の力が加わったときに起こりやすいです。具体的には、急なダッシュやストップ、ジャンプからの着地などのタイミングで多発します。加齢、ウォミングアップ不足、筋疲労の蓄積などは、肉離れを起こす要因になります。

肉離れが起こりやすい部位は、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)や大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)、内転筋(内ももの筋肉)などです。

肉離れの程度(重症度)分類

1度 筋繊維の微細な損傷
筋肉や筋膜自体に大きな断裂などはなく伸ばされた程度で、患部を押すと痛みがあり、自力歩行は可能であるが困難なことが多い。

2度 筋繊維の部分断裂
筋肉や筋膜が部分的に断裂して、皮下出血が起きてる状態。患部を押すと痛みがあり、自力歩行は可能であるが困難なことが多い。

3度 筋繊維の完全断裂
筋肉や筋膜が深く断裂して、外見上でも患部がへこんで見える状態。痛みも非常に強く自力歩行がほぼできない状態。

肉離れの治療

治療法は重症度に関係なく初期はRICE処置が基本になります。受傷後48~72時間の炎症症状が軽減した後は、積極的に患部を温めて血液の循環を図り、損傷した組織の回復を促すようにします。
患部を押したときの痛みや伸ばした時の痛みの改善を十分に確認しながら無理をせず段階的に可動域回復訓練のストレッチや弱った筋力の回復トレーニングを行っていきます。
スポーツ復帰においては、患部のストレッチ痛がなくなり、伸ばされた時の筋肉の張り感が怪我をしていない方と同じなってから順序立てて練習を再開します。

肉離れの予防

肉離れの予防のためには、「急激に筋肉に負荷をかけない」「筋肉を良い状態に保つ」ことを意識してください。

ウォミングアップ、クールダウン入念に!
ストレッチをゆっくり行い、軽いジョギング始めるなどウォミングアップを入念に行って、筋肉を充分にほぐしてからトレーニングを始めましょう。
トレーニング後のクールダウンもしっかり行って筋肉の疲労が残らないようにしましょう。

お風呂でリラックス、睡眠も充実!
疲れが残らないような生活習慣も大切です。ぬるめのお風呂にゆっくり入って、入浴後はストレッチやマッサージでリラックス。心も体もほぐしてから良い睡眠を。