スタッフブログStaff blog

足関節捻挫をしてしまったら


足関節捻挫について

足関節捻挫は、足首を内側に捻って生じる内反捻挫がおよそ9割を占め、その多くは外くるぶし周囲にある靭帯の損傷です。
足関節捻挫は、軽傷の場合で2週間程度、重症であれば6~8週間を損傷してしまった靭帯の修復に要します。

そもそも捻挫とは、骨と骨をつなぐ靭帯の損傷です。足の捻挫は、一生のうち80%以上の人が経験する怪我の一つです。
スポーツだけではなく、歩いていてつまづいたり、生活の中でも多く発生します。注意していただきたいのは、軽傷の場合であってもしっかり治療をして関節の固定をしておかないと、靭帯が伸びたまま修復され関節が緩くなってしまい、再び捻挫を繰り返す原因になってしまうということです。

靭帯が伸びたまま(関節が不安定なまま)動くことで、関節に負荷をかけて慢性的な炎症を繰り返し、足首を捻っていないのに痛みが引かない状態になってしまうこともあります。
また、関節が不安定なままでは、足首を捻ってしまうリスクが高く、足関節捻挫を繰り返す原因となるだけでなく、捻挫を繰り返すことで、足首の骨や関節の変形する可能性がたかくなってしまいます。

足関節捻挫の分類

1度(軽度)
靭帯が伸びている状態です。少し捻った程度で歩行は可能ですが痛みはあります。サポーターやテーピング、包帯などで固定します。

2度(中程度)
靭帯の一部が断裂している状態です。圧痛や腫れが強く、歩行は可能ですが走ることは難しい状態です。腫れや内出血を抑えるために、テーピングや包帯、程度によってはクッション材を入れて固定します。

3度(重度)
靭帯が完全に断裂している状態です。圧痛や腫れ、熱感や皮下出血が強く、自力での歩行は難しいです。ギプスや装具などで固定、靭帯の縫合手術が必要となります。

どの程度の怪我かを自分で判断するのは難しいと思います。判断に迷ったときは早めに当院にご相談ください。

捻挫の応急処置
応急処置の基本に「RICE]処置というものがあります。

RICEは

R:安静(protect)

I:冷却(Ice)

C:圧迫(compression)

E:挙上(Elevation)
の頭文字をとったものです。

特に大切なのはまず冷やす!ことです。
ご家庭で最も簡単にできるアイシングをすることで、患部の炎症症状が抑えられて痛みが緩和されます。


足関節捻挫の治療

当院では、まず捻挫の程度の評価をします。検査方法を用いて関節の動揺性や不安定性の確認をして、腫れや熱感が残っている場合にはアイシングを行い、Hi-Voltage(高電圧電気刺激療法)や超音波等の物理療法で痛みや炎症を抑える治療を行います。
また、症状が強い場合は程度に応じて固定を行うこともあります。

捻挫はしっかりと治療をしないと再発しやすく、捻挫を繰り返してしまい癖になってしまう方も多くいます。痛みがない=治った、というわけではなく、痛んだ靭帯が修復されるまで時間がかかります。

捻挫くらい大丈夫と自己判断しないで、一度ご相談ください。